top of page

「京都府立植物園サポーター制度」に関するQ&A(よくある質問)

​サポーター制度に関してお問い合わせがある質問等をまとめてあります。​お問い合わせになる前にご覧ください。

・サポーター制度について
・プロジェクトサポーターについて
・アクションサポーターについて
​・その他

​サポーター制度について

Q1.「京都府立植物園サポーター制度」を新設する目的は何でしょうか

A.

・開園100周年を契機に、府立植物園をより身近に感じていただくとともに、これまで以上に魅力的な施設を目指すために新設したものです。

・金銭や現物の寄附だけでなく、府立植物園を題材とした商品開発や企画等、様々な手法で府立植物園へご支援をいただくことで、府立植物園を支えていただき、一緒に次の100年を創り上げることを目的としています。

Q2.サポーターになれば何をすればいいのでしょうか

A.

・金銭や物品・資材の寄附での支援(プロジェクトサポーター)のほか、SNS発信や店舗でのポスターチラシ掲示といった各種広報での支援や植物園を題材とした商品開発や企画、園路清掃などの支援(アクションサポーター)を想定していますが、これらはあくまで例示です。皆様の柔軟なアイデアで様々なご提案をいただけると大変ありがたいと考えています。植物園が更に魅力的な施設となるような御提案をお待ちしています。

例えば、

 ・入園者が植物を観察しやすくなるための虫メガネ、双眼鏡の提供

 ・広い園内を移動しやすくなるような移動手段モビリティ)の提供

 ・植物園の素敵な写真や映像による情報発信

 ・周辺の飲食店等による開園100周年に因んだ企画メニューの提供

などのご支援も大歓迎です。 

・サポーターの皆様には、無理がない範囲で可能な範囲で末長く植物園を支えていただけたらと思っております。

Q3. サポーターの期間や会費はあるのでしょうか

A.

・サポーターの認定有効期間は、認定日から1年間です。ただし、サポーターの皆様から更新の希望があれば、1年間有効期間を更新されていただきます。

・会費は設けておりません。無料です。

Q4. サポーターにはどのような特典がありますか

A.

・サポーターになっていただいた皆様には、金額や御提案内容に応じて感謝状や礼状を贈呈いたします。

・また、御希望者にはHPでの御芳名を1年間掲載いたします。また累計寄付金額で10万円以上を御寄付いただいた場合、御希望があれば、園内設置予定(正門及び北山門付近を予定)の銘板へ、以下のように累計寄付金額に応じて御芳名を掲示します。

 

  ゴールド:100万円以上

  シルバー: 50万円以上

  ブロンズ: 10万円以上

 

・寄附以外の御支援においても、植物園の魅力アップや運営面で多大な御支援をいただいた場合は、御希望があれば、園内設置予定の銘板に御芳名を掲示いたします。

Q5. サポーター制度への申込方法を教えてください

A.

・サポーター申込方法の手順は以下のとおりです。

サポーター
希望者

 ①ウェブ相談
(電話でも可)

②内容確認等 

③申込書提出

④サポーター認定

⑤取組の実施

⑥ホームページ等
​での紹介

​プロジェクトサポーターについて

Q6. 金銭の寄附により、

   ①植物園のお花や植物の栽培を応援したい

   ②植物園の施設・環境整備を応援したい、などの場合、

   寄附の方法を教えてください

A.

・サポーター申込方法はQ5のとおりです。申込書に御希望の寄付金額を記載いただき、サポーター登録が完了後、納付書を送付いたしますので、最寄りの金融機関より納付書により振り込みをお願いします。

振り込み手数料は必要ありません。振り込み確認後、礼状や感謝状を贈呈し、御希望があればHPへ御芳名の掲載を、累計寄付金額で10万円以上を寄附される場合、御希望があれば園内設置予定の銘板に御芳名を掲示します。

Q7.物品を寄附する場合の手続きを教えてください

A.

・基本的にはQ6と同じです。ただ、寄附いただける物品については、事前に植物園と相談いただいた上で決定いたします。

アクションサポーターについて

Q8.広報やSNS発信、店舗でのポスターチラシの掲示などで

   植物園を支援する場合は、どのように協力すればいいので

   しょうか

A.

・イベント・開花情報等、広く周知してもらいたい事案がある場合、植メール等により、必要に応じて資料等ファイルを添付のうえ、サポーターの皆様に情報発信を依頼いたしますので、可能であるならSNSでの情報発信をお願いします。その場合、「#京都府立植物園」を付けて発信するようお願いします。

・SNSで情報発信した内容が、法律違反や、公序良俗に反する又はその恐れがある並びに植物園のイメージを損なう等の場合は、内容の修正や削除を求めることがありますのでご注意願います。

・また、皆様から提供いただいた写真で、優れたものについては、植物園が発信するSNSで紹介させていただくことも考えいます。

・店舗等でポスターチラシを掲示いただく場合は、あらかじめサポーターの皆様に、郵送等によりポスター・チラシ等を配布し、配架をお願いいたします。

Q9.コラボ商品を作りたい場合、商品について基準等はありますか

A.

・植物園を題材とした商品を企画・販売いただき、その売上の一部を植物園に寄附いただくこととなります。

・申請条件は1年間で概ね 10万円以上の寄付が見込まれる商品企画としております。

・商品の認定は,商品企画サポーター認定委員会が決定し,必要と認める場合は申請者と協議のうえ,商品又は販売方法等について条件を付すことができます。

・また、申請者には,認定を受けた商品に,京都府立植物園(KYOTO  

BOTANICAL GARDENS)の名称,植物園のロゴマーク又は植物園を支援している旨の記載表示をお願いします。

Q10.園路やその周辺の清掃を行うことで植物園を支援する場合の

   注意点等はありますか

A.

・原則として10名以上の団体を想定していますので、10名未満での申請は対象外です。

・園路とその周辺(道路を)一体を清掃するものとしております。(園路のみは対象となるが、周辺道路のみは対象外)

・原則として清掃用具等は貸与いたします。

・年間を通じて定期的かつ広範囲に清掃が行われる場合は、植物園負担により、ボランティア保険等の加入も検討いたします。

​そ の 他

Q11.サポーターになれば植物栽培や土壌づくりにも協力できる

   のでしょうか

A.

・植物栽培への御協力については、所定の講習が必要になることから、別のボランティア制度(なからぎの会)を御案内させていただいております。植物園の施設性質上、ご理 解のほどよろしくお願いいたします。

Q12.金銭を寄附した場合、ふるさと納税制度の対象となるの

   でしょうか

A.

・ふるさと納税制度の対象となります。同制度を活用される場合は、予め植物園に申し出てください。返礼品はありませんが、一定の税額控除の措置は受けられます。

・また、府外に住所地をもつ法人の場合、一定の要件をクリアすれば「企業版 ふるさと納税」の対象となります。

・府内に住所地をもつ法人は、寄附金額に対して一定の割合の金額を損金算入可能です。

​京都府京都市左京区下鴨半木町
​075-701-0141  1
アクセス・ご利用案内
 
  • Instagram
  • X
  • Youtube
bottom of page